CMC Hospital Solution 多彩な業界で培ったノウハウを活かして、貴院の課題へ最適なソリューションをご提案します。 CMC Hospital Solution 多彩な業界で培ったノウハウを活かして、貴院の課題へ最適なソリューションをご提案します。

印刷

こんなお悩みありませんか?

新入職員教育を見直して、OJT担当者の負担を減らせないだろうか学会や講演会、院内活動などでのプレゼンテーションの質を向上できないだろうか病院機能評価の更新をもっと効率的に行えないだろうか2025年問題に向けて、職員の一体感を高めないと乗りきれるか不安地域からの信頼獲得のために、病院の活動や取り組みを周知させたい時間のかかる退院調整を、もっと効率よく行えないだろうか
  • 新入職員教育を見直して、OJT担当者の負担を減らせないだろうか
  • 学会や講演会、院内活動などでのプレゼンテーションの質を向上できないだろうか
  • 2025年問題に向けて、職員の一体感を高めないと乗りきれるか不安
  • 病院機能評価の更新をもっと効率的に行えないだろうか
  • 時間のかかる退院調整を、もっと効率よく行えないだろうか
  • 地域からの信頼獲得のために、病院の活動や取り組みを周知させたい

私たちにお任せください!!

一般的なコンサルティング会社とは異なり、
貴院の特徴や実状に合わせた「One to One」のソリューションをご提供します。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

  • お客さまの声お客さまの声
  • メディア掲載実績メディア掲載実績

例えば、このようなお悩みを解決できます。

  1. case1新入職員教育の平準化

    現場の課題
    入職時の集合研修で教育すべき内容が整理されておらず、習得レベルにバラつきがあった。
    そのため、各部署配属後のOJT教育に多大な負担がかかっていた。
    ソリューション

    既存資料の確認・取材などを行い、「伝えるべき情報」の整理・見直しをご支援。「伝える相手」に合わせた情報のビジュアル化、「伝える側」の伝え方の平準化も可能。

    新入職員の学習効率や理解度の向上が
    実現できます。

  2. case2 伝え方の原理原則を学び、
    学会発表や講演会の質を向上

    現場の課題
    学会や講演会、日常業務でも人前で話す機会が多く、伝えたいことを分かりやすく伝えるプレゼンテーションがしたいというニーズがあった。
    ソリューション

    当社が開発した「プレゼンテーション研修」を提供可能。業界に合わせてカスタムした集合研修と個別トレーニングで、密着した指導が可能。

    プレゼンテーション力の向上を実現。
    特に院内活動等においては、参加者の満足度・理解度も向上できます。

  3. case3 2025年問題を乗りきるため、全職員のベクトルを
    合わせるアイデンティティ教育

    現場の課題
    医療介護需要が高まる2025年に向けて、組織と職員の意識のかい離をなくし、地域や社会に求められる役割が果たせるようにしたい。
    ソリューション

    病院理念の成り立ちや、病院の歴史を学ぶとともに、自分事化&行動計画に落とすワークショップまで実践する教育プログラムの開発・提供が可能。

    「職場」「地域」「仲間」といった視点で学ぶことにより、職員の帰属意識の向上を実現。行動基軸が明確になることで、モチベーションの向上にもつながります。
    合わせてトレーナー育成も実現できます。

  4. case4 病院機能評価・JCIの取得・更新に向けた院内文書整備・運用の効率化

    現場の課題
    更新のたびに、膨大なマニュアルや資料を集め、確認する作業が発生するため、あらかじめ、必要なマニュアルや資料を整備して扱いやすくしておきたい。
    ソリューション

    現状の院内マニュアルを診断・分析し、情報整理を実施。
    様々な目的・用途・形態に適応できるような、汎用性のある情報の構造化や文章の執筆支援が可能。

    見る人にとっては「分かりやすく探しやすい」、
    作る人にとっては「更新しやすく作りやすい」マニュアルかつ、拡張性の高いマニュアルの整備が実現できます。

  5. case5 地域連携推進を目指した退院コーディネーター教育支援

    現場の課題
    入院早期から退院時の問題に取り組みたいが、人員が限られており後手に回ってしまいがち。
    早期に人員を育成し、退院調整業務量を向上させたい。
    ソリューション

    資料確認・取材を通じて、業務の棚卸しを実施。退院調整業務をフェイズ分けし、フェイズごとの「患者・家族の期待」や業務内容を見える化するソリューションを提供可能。

    退院コーディネーターの知見やノウハウの形式知化を実現。
    人材育成だけでなく、病床利用率の向上が期待できます。

  6. case6 地域との信頼構築のため、病院広報ツールの
    中核であるウェブサイトを強化

    現場の課題
    ページの増改築を繰り返してきたことで、サイト内の検索性が低く、デザイン性も失われてしまっていた。また、更新や管理が行き届かず、最新情報をタイムリーに掲載できていなかった。さらに、スマホなどのモバイルデバイス対応ができておらず、病院の良さが十分に伝えきれていない。
    ソリューション

    掲載情報や構成を見直し、ページ数を大幅に削減するとともに、新たなCMSを導入してデザインを一新するソリューションを提供可能。また、更新効率の向上施策、レスポンシブデザインなどのモバイルデバイス対策も併せて対応可能。

    地域・患者への情報提供がスムーズに行えるようになり、ユーザー満足度向上が期待できます。
    また管理・運営面でも担当者の工数削減、費用削減を実現できます。

ソリューションを導入いただいたお客さまの声

当院が「基本理念に基づいて自ら行動できる職員の育成」や「先人たちが築きあげてきた組織風土の継承」の実現に向けた職員教育に悩んでいたとき、シイエム・シイと出会った。
彼らは私たちの病院の生い立ち、歴史、先人たちの功績、現在、そして将来の夢に熱心に耳を傾けてくれた。何度もミーティングを重ねる中で、私たちの夢の実現に必要なことは、「①総合力の向上」「②組織力の強化」「③病院のブランディング」であることを気づかせてくれた。これまで多くのコンサルティング会社と話をさせていただいたが、これらの気づきを与えていただいたのは初めてであり、良きパートナーと出会うことができたと感じている。
結果として新入職員研修用の「リファレンスガイド」、全職員研修用の「私たちの病院づくり」が完成した。今後はこれらのツールを使い、私たちの夢の実現に向けて職員一人ひとりが私たちの病院づくりに参加するのみ・・・・・シイエム・シイのサポートを受けながら!

JA愛知厚生連 安城更生病院
教育研修・臨床研究支援センター
センター長 三浦崇則

JA愛知厚生連 安城更生病院
教育研修・臨床研究支援センター
センター長 三浦崇則

メディア掲載実績

医事業務2016年7月15日号
「人を育てる仕掛けと手法特集」で
「安城更生病院さま 新入職員教育」の
実績が紹介されました!

記事を見る

少しでもお悩みをお持ちの病院関係者様、
ぜひそのお悩みをお聞かせください。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら