技術・技能は明文化されていますか?暗黙知になっていませんか?技術・技能を企業の資産として未来につなげていきませんか?

暗黙知を形式知へ、そして企業の価値創出へ 最新センシング技術と高度な分析による技能伝承・業務標準化ソリューション

技術・技能の伝承の重要性が高まっています

グローバルな競争に晒されている国内企業においては、競争力の源泉となる技術や技能といったものをいかにして次世代につなぎ、発展させていくかという課題に直面している企業が増えています。

想定課題

多くの企業にて発生している下記のような課題解決サポートをいたします。

  • 熟練者の技能を見える化・伝承したい
  • 製品品質を維持・向上したい
  • 生産性を向上したい
  • 人手不足を解消したい
  • 目視検査の不良検出率を向上させたい
  • オペレータのスキルバラつきを減らしたい
  • 新人を早期に戦力化したい
  • 設備点検での見落としを防ぎたい
  • 事故・クレームを防止したい
  • 安全性を向上したい
  • 人工知能( AI )/自動化に向けた
    生産効率を向上させたい
  • 多くの情報を収集しているが活用できない

企業に埋もれているノウハウを引き出すプロフェッショナル、それがCMC

暗黙知を形式知化する手法

 CMCでは、アイトラッキングなどの様々なセンシングデバイスにより定量的な情報の収集に加え、ヒアリングなどのインプットにより得られた定性的な情報を体系的に整理・分析し、ノウハウを明確化した上で、手順書や教育映像としてアウトプットします。インプットからアウトプットまでを一貫して支援することで、企業の技術・技能伝承を実現いたします。

STEP 1 インプット

暗黙知を抽出するために多角的にインプット

真の暗黙知を洗い出すためには「定量データ」だけでなくヒアリングなどにより得られる「定性データ」も重要です。

インプット手法

STEP 2 分析・考察(見える化)

定量データ

定性データ

株式会社シミュラティオ

無意識を含めたインプット情報を見える化

見える化の例 ①視線を見える化

いつ、何を、どれくらい見ているのかを見える化

見える化の例 ②音声を見える化

音量の変化が起こるタイミングを見える化

STEP 3 アウトプット

  • ● 調査報告書(改善提案含む)
  • ● マニュアル(作業手順書)
  • ● 事故事例集
  • ● 教育用映像
  • ● 現場の要求定義書
  • ● システム要件定義書

見える化した情報を作業内容に合わせてアウトプット

STEP 4 活用・改善

  • ● 企業の知的財産創出
  • ● 人財育成
  • ● 業務標準化
  • ● 業務効率化(自動化)
  • ● 業務改善
  • ● 製品品質向上

アウトプットしたものを人財育成などに活用しPDCAを推進

取り組み方法については、各企業様に応じて
カスタマイズ可能ですので、ご相談ください。

お問い合わせはこちら

事例はこちら